日本入国時・コロナ検査・陰性証明書の提出が3月19日より全入国者義務付け


政府は3月19日より、全ての入国者に対し、出国前72時間以内に実施した新型コロナウイルス検査の陰性証明書の提出を義務付ける。

これまで緊急宣言期間中のみに必要としていたコロナウィルスの受検、陰性証明書の発行から19日以降の入国より義務付けとなりました。


 検査証明書を提出できない場合、検疫法に基づき、日本への上陸が認められないため、航空会社には搭乗拒否を要請する。到着後の誓約書の提出、質問票Webへの登録、到着時の検査は、これまで通り行わます。(必要書類の一覧や登録は弊社ホームページ上にて利用可能)。変異株流行地域からの入国者は、入国から3日間(入国日を入れて4日間)、検疫所長が指定する宿泊施設で待機が要請される。(こちらにつきましても弊社ホームページ上にて現状の情報・用意しておいた方がいいものなどをご覧頂けます。)

(検査証明書のフォーマットの改定 3月19日以降より)

 政府が指定する検査証明書のフォーマットが改定され、認められる検査方法がこれまでの3種類(RT-PCRタイプなど)から8種類に追加されている。新たに追加されたのは、TMA法、TRC法、Smart Amp法、NEAR法、次世代シーケンス法。

 採取する検体は、鼻咽頭ぬぐい液(Nasopharyngeal Swab)または唾液(Saliva)で変更ない。

 検査証明書には、氏名・パスポート・国籍・生年月日・性別の人定事項のほか、検査手法・検査結果・検体採取日時・検査結果決定年月日・検査証明交付年月日といった検査内容、医療機関情報が英語で明記されていれば、任意のフォーマットの提出でも構わない。