top of page

「FTSニュース」リオ、マナウスなど、一部州にて日本入国後の3日間の強制隔離が本日入国分より指定解除


厚生労働省は、入国後の強制隔離の新たな更新を行い、オミクロン株などのコロナ感染が、比較的落ち着き始めた国や地域を指定し、3日間の強制隔離を解除をし始めております。






今回の措置は、

2月18日0時より措置を実行し、入国後3日間の強制隔離は必要なくなりました。


ブラジルでは、

リオデジャネイロ州、アマゾナス州、ミナスジェライス州、マットグロットスル州、が

指定解除されました。


なお、引き続き、入国後、3日間の強制隔離が必要な州は、

サンパウロ州、サンタカタリナ州、パラナ州、バイア州の4州からの入国者となります。

※過去14日間の間に滞在歴がある入国者という条件となります。


強制隔離の措置がなくなる州であっても、

入国後、7日間の自主隔離が引き続き必要となります。


※3月1日以降の入国は、今後の政府決定のもと、7日間の自主隔離も条件により、

3日間の自主隔離や、3回目の接種完了者は自主隔離解除などの方針が検討されており、近々発表となります。

弊社では、発表後ご情報を随時、弊社ホームページ、Facebookに掲載してまいります。

Facebookにご登録のお客様には、最新の情報が自動的に送られますので、 この機会に弊社Facebookへのご登録など宜しくお願い致します。




Comments


bottom of page