サンパウロ市・祝日の前倒しによる最大10連休のお知らせ

最終更新: 3月19日


3月18日、ブルーノ・コーバスSP市長は、祝日の前倒し等を含む、新型コロナウイルス感染拡大対策について発表しております。


医療システムが限界にきていることから、感染者を抑えるため、労働者が利用する公共交通機関の抑制なども含めて、

2021年と22年の祝日を前倒します。

1,祝日の変更

2021年からは 聖体祭(6月03日)、黒人尊厳日(11月20日)

2022年からは 聖体祭(6月16日)、黒人尊厳日(11月20日)、 サンパウロ市政記念日(1月25日)の5日間を前倒し、


今月 3月26日(金)、29日(月)、30日(火)、31日(水)、4月1日(木)を休日として、3月26日(金)から 4月4日(日曜日)までの間 最大で10連休となります。


2 ナンバープレート規制

現在実施されているナンバープレートの末尾による車両運行規制について、

公共交通機関の利用を抑制するため、

07時から10時及び17時から20時は規制は適用されません。

また、

3月22日から2週間、20時から翌朝5時まで、

ナンバープレートの末尾に合わせて車両通行規制が実施されます。

月曜夜から火曜朝にかけてはナンバープレートの末尾が 1又は2の車両、

火曜夜から水曜朝にかけてはナンバープレートの末尾が 3又は4の車両、

水曜夜から木曜朝にかけてはナンバープレートの末尾が 5又は6の車両、

木曜夜から金曜朝にかけてはナンバープレートの末尾が 7又は8の車両、

金曜夜から土曜朝にかけてはナンバープレートの末尾が 9又は0の車両

が対象となります。


一部、修正記事あり 2021年3月19日 09:45am 弊社でも、この期間中も通常営業しております。 メールなどでのお問い合わせを受け付けておりまして、

ご不便が無いように対策しております。

お問合せは info@ftsturismo.com までお願いいたします。