top of page

「F.T.S.ニュース」サンパウロ州・経済活動計画(Plano-SP) 5月24日以降はさらに緩和し、6月1日以降は引き続き移行フェーズにて・レストラン収容率60%&夜22時まで営業可能!


5月19日(水)、サンパウロ州政府は、

経済活動計画(Plano-SP)において、

フェーズ2(フェーズオレンジ)への移行前の新しいフェーズ「移行フェーズ期間」を6月1日以降も引き続き延長すると発表。

5月24日(月)からはレストランなどの収容率を40%まで緩和、6月1日(火)以降は収容率を60%に拡大、営業時間も22時まで営業可能と発表しております。


(期間)

5月24日(月)~5月31日(月):フェーズ移行期間として、一部レストランなど収容率を緩和

6月01日(火)~ :フェーズ移行期間として、一部レストランなど営業時間・収容率を緩和、



(緩和内容)

①【5月24日(月)~31日(月)の期間】 

午前6時~午後21時まで営業可能となります。30% → 40% 以内の客収容率を保つ

 ・ショッピングセンターやモールでの対面販売を許可

 ・レストラン、スポーツジム、美容室、映画館、劇場、美術館、など対面営業が可能

 ・その他商業施設 営業可能


②【6月1日(火)】以降は、※期限は現在なし 

午前6時~午後22時まで営業可能となります。40% → 60% 以内の客収容率を保つ

 ・ショッピングセンターやモールでの対面販売を許可

 ・レストラン、スポーツジム、美容室、映画館、劇場、美術館、など対面営業が可能

 ・その他商業施設 営業可能

 ・宗教活動が十分なソーシャル距離を保ちながら可能となった。

【外出抑制措置(違法な集会の取締り等)】は、

州内全域で午後22時から翌朝5時まで実施されます。


※この決定において、フェーズ・オレンジ、イエローよりも営業時間は拡大しております。

 ・公園は6時~18時まで 25%収容率となります。

(禁止)

引き続き、バーについては、対面販売は禁止

ただし、レストランとして料理を伴うドリンクサービスであれば営業可能とのこと



(※G1 Sao Paulo より記事より)



引き続き、弊社にて情報をお調べしてご案内いたします。

なお、弊社ホームページより、マイページ登録されたお客様には記事がアップと同時に 配信されるサービスを行っております。この機会にホームページの右上「マイページ登録」をお願いいたします。嬉しい割引特典も多数ご用意しております。

Comments


bottom of page